アトピー治療・医療レーザー脱毛・美容皮膚科なら星ヶ丘皮膚科/七つ星皮膚科(名古屋駅セントラルタワーズ/千種区)

医療法人 愛星会
  • 愛星会TOPへ
  • 星が丘皮フ科TOPへ
  • 七つ星皮フ科TOPへ
日本人は、皮膚が弱いと言われています。皮膚にトラブルが生じた時は、身体の不調を伴っています。当院では症状を治すだけではなく、トラブルを生じない身体づくりのアドバイスをさせていただきます。

アトピー・湿疹について

アトピー性皮膚炎は…

2歳までは食物アレルギーだった物が、ある時期を境にダニなどの環境の因子がアレルギーを引き起こすとされ、15年ほど前までは、アレルゲンを出来るだけ避けることと、ステロイドの外用で、成長とともに治っていく病気でした。

しかし、最近は治らない人がとても多くなると同時に、成人になってから罹ってしまう人が増えてきました。その結果、ステロイドの長期連用などによる弊害が社会問題になっています。

医療の現場では様々な研究がされ、細胞レベルの反応や、アレルギーの遺伝子などが明らかにされつつあります。そして、治療法に関しても、ステロイドや、抗アレルギー剤だけではなく、免疫抑制剤が利用されるようになりました。しかし、アトピー性皮膚炎の患者さんほ増加の一途で、重症の方も珍しくなくなっています。

日本皮膚科学会では…

アトピー性皮膚炎の診断基準を定めていますが、簡単に言うと「痒い」こと、「慢性」であること、「アレルギーの既往」があること、「特徴的な皮疹」(たとえば乳児期には顔にでやすい。小児期には間接部にでやすい等)とされています。

これだけアトピー性皮膚炎の患者さんが増加している中で、日本皮膚科学会が勧めている治療法は唯一ステロイドしかありません。
 「アトピー性皮膚炎の炎症を速やかかつ確実に鎮静させ、患者の苦痛を取り除ける薬剤で、広く使用できその有効性と安全性が十分に評価されているものは、現在のところステロイド外用剤のほかになく、如何にそれを選択し使用するかが治療の基本となる」(日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」)と治療の指針で提唱しています。

 「ステロイド外用薬使用の是非を巡って色々な情報があり患者さんが混乱されていると思いますが、日本皮膚科学会としては『ステロイド外用薬の適正使用』こそアトピー性皮膚炎治療の中心であると考えています。」

風邪やインフルエンザの原因が…

特定の病原菌であることは解明されています。そして、その病原菌に対する薬品も用意されています。しかし、アトピー性皮膚炎の原因は現在のところ『斯く斯くしかじかである』というところまでは解明されていません。アレルギー性であることは確かでしょうが、その他の要因が関与していて、しかも、個人によってそれらの要因が違う場合も考えられます。
 現在あげられている要因としては、環境の破壊、食物・水の劣化、社会的なストレスからダニ、黄色ブドウ球菌、環境ホルモン、食品添加物、自律神経失調症……などなどです。

風邪やインフルエンザの原因が…

特定の病原菌であることは解明されています。そして、その病原菌に対する薬品も用意されています。しかし、アトピー性皮膚炎の原因は現在のところ『斯く斯くしかじかである』というところまでは解明されていません。アレルギー性であることは確かでしょうが、その他の要因が関与していて、しかも、個人によってそれらの要因が違う場合も考えられます。
 現在あげられている要因としては、環境の破壊、食物・水の劣化、社会的なストレスからダニ、黄色ブドウ球菌、環境ホルモン、食品添加物、自律神経失調症……などなどです。

疾患の定義や

現在の治療では病気が完全に治らないのが患者さんにとって、もっとも辛いところです。 しかしながら、これは現代医学全体の問題でもあります。  外科的な手術で治るような病気以外は、病気を完全に治すような治療法はなく、あくまでも病気をコントロールするという考え方です。高血圧、糖尿病、高脂血症などの内科的な疾患による症状は薬で緩和されますが、薬を止めたら、症状は再燃してしまいます。
 内科的な病気を完全に治すことは、いかなる病気であっても薬ではできないのが現状です。

完全に治すためには…

 現代的医療だけでなく、様々な角度からのアプローチが必要になってきます。「食餌療法」「漢方を主体とする東洋医学」「温泉療法」「断食」「精神的な療法」など、その治療法も民間的なものを加えると枚挙に暇がありません。

私自身ももちろん現代医学的な治療、漢方薬、食餌療法、脱ステロイドなど、様々な治療で、試行錯誤を続けてきましたが、「必須ミネラル亜鉛療法」を中心とした、ビタミンとミネラルの補充療法を始めてからは、それまでと全く異なった治療効果を経験するようになりました。

まず治療を受けている方が元気になることが最大の利点です。
 アトピー性皮膚炎の患者さんは、本人が自覚していなくてもとても疲れています。全身に及ぶ炎症、かゆみのための「不眠」と「見える病気」であることのストレスが重なって、身体は本当に大変過酷な状況にさらされています。

ところが、亜鉛などの必須ミネラルの服用を始めると、声も小さく、うつむき加減だった人たちが、ニコニコと笑顔で明るく話してくれるようになります。
 さらに、それと並行して皮膚の状態が大袈裟ではなく、生まれ変わるという感じに変化してきます。
 こうなってくると、私たちの身体の自然治癒力がゆっくりと、確実に働き始めていることを実感できます。心の状態も身体が良くなるにつれてどんどん変化しますので、少しのアドバイスで、生活や心の状態を自分で変えていけるようになります。

私はその変化を見させていただくたびに、自然治癒力にの素晴らしさに感動しています。

「現代医学的にアレルギーを克服する」「アレルギー反応を抑制する」ということで、ある意味では強引に身体の働きの一部に、力を加えるような方法では、こんなに健康的な変化は得られなかったと思います。